2011年10月28日

「けもも02」発売中です。

徳間書店より人外萌えアンソロジー「けもも02」発売しました!
私も「セントールの悩み」「人面犬の恐怖」の二本立てで描いておりますので皆さんよろしくお願いします!

今回描いた「人面犬の恐怖」は、伝統ある人面犬漫画の歴史を塗り替えたと自負しております。
次回分の感動超大作も用意しておりますので、もし続きがみたいなぁという方はリュウ編集部までリクエストをお寄せください!
(あるいはTwitterでリクエスト表明などしていただくといいかもしれません)。


……ちょっと刷り上ったのをみて線が細いかなあとも思ってしまってるのですが。
自分の作品だけみてると(あるいは実サイズ原稿だと)そう感じないのですが、いざ半分に縮小されて他の作品に並ぶと、細い!
リュウ休刊までは逆に太すぎたのですが、スキャン取込の設定を変えると逆に細くなりすぎたみたいなので、今度こそちょっと線を重ねるようなやり方で輪郭を描くほうがいいのかもしれません。
(CLAMPさんのとかはそうですよね。コミックスでみると一見かちっとした一本の線にみえますが、ニュータイプ連載のをみてみると、実は細い線を重ねるような描き方で太い線も描かれてて、また重ね方が適度に間があいてるので、Gペンでがっしり描く昔の少年漫画とちがって、柔らかい明るい感じになるんですよね)。

単行本表紙も出来上がったのですが、なにか物足りない感じです。
背景をさらっと描くつもりでシンプルに設定して、逆に無機質なカンジになりすぎたので、そこが不満なのですね。
でも、この後トリミングしてタイトルとかいれることを考えると、ここで近影オブジェを追加してうるさくするのもどうかなという気がしてます。
これだったら背景入れない方針でやったほうがよかったかも。
あるいはリュウ五月号表紙でやったように、もっとがっちり背景入れる方がよかったのかも。
中途半端は何事もよくないですね。
うーん、悩む。
posted by 村山慶 at 20:10| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「セントールの悩み」単行本買わせていただきました!背景も購入の参考になりましたよ!
書評を読んで興味を持ったものの、百合っぽい?ファンタジー?などと通販サイトで表紙とにらめっこしてた時に飛び込んで来たのが無機質なアスファルトとガードレール。ここでかちっと何かが嵌った気がしたのでした。

結果は大正解。人外さんが普通に生活している世界なのに、ファンタジーすぎない未来すぎない。
現代とそう変わらない世界で、こんな姿でどうやって生活をしてるんだろう?というところにグイグイ心を引きつけられ非常に楽しめました。花摘みのようなSF的な考証がツボにきます。

表紙を気に入ってる人もいるということで、ご参考までに書かせていただきました。
あと、HPに辿りついたら、スカート飛行少年や列車物語など昔読んだ覚えがあるサイトで驚きました。イベントなどにはなかなか行けないのですが、もっと他の作品も読んでみたくなります。とりあえず「けもも」を買ってみようかな。

あとがきにあった同人版の姫子も気になります。いつか単行本に収録されたりするのでしょうか。今後も楽しみにしています。
Posted by n3l at 2011年12月30日 01:53
> n3lさん

どうもありがとうございます!

「けもも」に関しては、そこに掲載されている話も収録した単行本2巻が2/13に出る予定ですのでよろしくお願いします!
(ただ、同人誌版が収録されることはなさそうです)。
Posted by 村山慶 at 2012年01月01日 11:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。