2010年12月20日

金魚追加。あと30cm水槽水換え忘れた

受賞記念に金魚を買いました。普通のを一匹だけ、金魚鉢飼いです。
小さい鉢なので水換えはまめにしないといけないでしょう。一応水草(アナカリス。植えないで浮かしたまま)入れて麦飯石敷いていますけど(勿論水はちゃんと作ってあるものを使ってます)。
最終的にはグリーンウォータを作ってフィルタ不要でやりたいのですが、冬ですしそこまでいくかどうか。

メダカは、水温の低下とともに餌食いが悪くなってますね。10匹に耳かき3杯だと多すぎるくらいです。もっとも、餌を投下してから喰いつくまでの時間は随分短くなりました。最初は何分も待ったりそれこそ気付かないのもいましたけど、最近はすぐに浮かんできます。30cm水槽のなど、餌やりの兆候がみえた瞬間に水面に上がってくる個体もいます。

でも、週末にやろうと思っていた水換えを忘れてました。
今から水を作っておいて明日の朝に換えようと思います。

そういえば、金魚を買った店(といってもホームセンターですが。ホーマックです。でもここの水草に巻貝とかついてたことないので割と信頼してます)に、無料のアクアウリム情報誌が置いていました。どうせ商品の紹介カタログだろうと思いきや、きちんと淡水魚・海水魚の飼い方や水草レイアウトなどのやり方を解説したなかなかオーソドックスな情報誌の作りです。とくに両生類(ウーパルーパ)の飼い方を説明してるのは実にそそられました。東京タワーの水族館で両生類・爬虫類(主にカメ)の飼育水槽を見てから飼いたくてたまらないんですよね。とくに水性のサンショウウオ系。もっともカエルはあまりそそられないというかここは田舎なのでわざわざ飼うまでもないし、餌が多分面倒ではないかなと思います。しかし、サンショウウオなんてどこで手に入れればいいのやら。飼う場所もないですし。成功して、飼育部屋を一室設けられる身分になりたいものです。あ、その情報誌、貰ってくるの忘れました!もう暫くいかないしなぁ……。

日誌

12/17 金魚飼育開始。
posted by 村山慶 at 00:16| Comment(0) | メダカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月02日

水換え・フィルター換え

まずは日誌。

2010.12.1 30cm水槽を水換え(1/3)・バクテリア追加(1.4ml)
2010.12.1 17cm水槽の外掛フィルター交換

17cm水槽で前に飼ったときは2週目で既に数が半減で、残りも(今考えると)調子があまり良くなかったですが、今回は30cm水槽も17cm水槽も一匹も落ちずにまったく危なげがありません。

で、フィルターも、一応交換しておきましたけどさほど汚れていません。目立ったのは水草の滓がついていたところくらいでしょうか。水もずっときれいです。やはり、餌のやり方が前回は問題はありすぎましたね。
あとは
・麦飯石の使用
・バクテリアの追加
・水草(カボンバ、アカナリス)の使用
・乾燥シダを使わない(手軽に見えるんですが、水の中で意外に密に広がってメダカの隠れ場所にはなりにくい上に、水草としての効用、つまりアンモニア分解・酸素供給は果たさず、しかもどうも時間がたつとボロボロと崩れて有機ごみになります)。

あたりも効用があったようです。
30cm水槽も、最初は餌食いが悪かったというか餌に気づかない個体が多かったのですが、徐々に集まってくるようになりました。あと、30cm水槽の個体のほうが、17cm水槽のより人を恐れる度合いが低いですね。もっとも、これは水槽の位置(30cm水槽のほうが上にある)とメダカの視点(上は警戒するけど横はさほどでもない)にもよるのでしょうけど。

金魚も飼いたい、こちらは水槽ではなく鉢で、と思ってるのですが、置き場所がありません。というか買いに行く暇もないのですが。

posted by 村山慶 at 07:47| Comment(0) | メダカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月24日

日誌(30cm水槽飼育開始)

メダカの飼育日誌です。

2010/11/21 17cm水槽水換え(1/3)バクテリア追加(0.6ml)
2010/11/23 30cm水槽飼育開始(メダカx10)

17cm水槽はかなり密飼育なのですが、今の所一匹も落ちていませんし、危なそうな状態のもいません。水もピカピカに透明です。濃縮バクテリアの使用、麦飯石の底砂、餌のやり方の改良(というか前が全然間違ってた)、水草が良かったのかもしれません。

30p水槽にはメダカと金魚どちらを入れるか迷ったのですが、メダカにしました。
というのも、金魚の緋色がかなりどぎつくて人工感が大きいのです。
アクアリウムというほど大層なものではないですが一応水草など入れて自然っぽく作ってあるので、あまり人工っぽいのはパスしました。緋色の金魚は、もし良い賞などが取れたら記念に金魚鉢を買ってそこで育てたいと思います(そういう人工的な方が合ってる気がします)。
で、メダカなのですが、近所のホームセンターで売ってるのは、いわゆる緋メダカと黒メダカが交雑してるようなのです。ほぼ黒メダカの色をしているのから緋色のものまで、中にはまだらなのまでいます。今回、店員に断って自分で掬い、黒いのばかり集めてみました。黒い方が自然っぽくていいのです(もし金魚で黒いのがいたら多分金魚を買っていたでしょう)。ただ、30cm水槽だとメダカ十匹なんて全然目立ちませんし、黒だから余計です。専用の照明がやはり必要です。

模造流木を買ったら、30p水槽にはかなり大きかったです。
後で外すかもしれません。

あと水草固定用に小さいフラスコ状の容器をつかって鉢植えのようにしていたら、一匹底に潜り込んで出れなくなってました。上に泳げば出る余地は十分あるのですが、硝子が透明な為、そこに障壁があるということがメダカには認識できないようです。
なので、硝子製品を水に沈めるのは形状によってちょっと問題ありますね。
posted by 村山慶 at 07:10| Comment(0) | メダカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。